家にある不用品、はたして高く売れるの?見極めのポイント

自宅にある不用品ははたして売れるのか、売れないかを考えた時に、大切なポイントがあります。

それは、他の人から見て、「お、欲しい!」と思えるような「商品価値」が十分あるかどうかです。

世の中にはいろんなマニア、コレクターの方がおられるので、自分の尺度を絶対の基準にするのは危険ですが、だからといって、「誰がどう見てもゴミだよな」という品もあります。

そこは客観的に検討してみる必要があるでしょう。

わかりやすい3つの基準をここでご紹介しておきます。

【1】新しい?古い?
それが使うものなら、やはり新しいものほど値打ちがあると考えたほうが無難です。

昭和40年台の洗濯機を売ろうとしても、まず買い手は見つからないでしょう。

確実に買い換えることがわかっているなら、早めに売っても良さそうなものです。

【2】プレミアがついてる?
自分の所持品が特定の市場において、恐ろしい高値で取引されていることがあるかもしれません。

たとえば中国切手で、「赤猿」というものがあります。
これはプレミアが付いている切手なので、売ったらそこそこ儲けることができるでしょう。

しかし、そのあたりの事情がわからない人にとっては、「なんか変わった切手があるぞ」「近所の金券ショップに引き取ってもらおうか」ということになるかもしれません。

ですから、自分で判断せずに、専門の買取業者に鑑定依頼してもらったほうがいいと思います。

【3】ブランド物?
それが名の知れたブランドものなら、査定額も期待できるでしょう。
とくにブランド物のバッグや財布は高値で売却できます。

当然、どんなに新しいものでも、それが人気のないブランドなら、あまり買取価格は期待できないかもしれません。

以上のクリアしていれば、あなたには不用品でも、人によって価格次第では、「買い」になります。

たとえば、聴かなくなったCDや観なくなったDVDはあるかもしれませんね。
もしそれが限定生産品や初回生産品で特典つきなら、プレミアがついている可能性も無きにしもあらず。

こういうときに大切なのが、付属品です。
付属品があるのとないのとでは価値が変わってくるので、なくさずに保存しておきたいものです。
CDの場合でいうと、帯や歌詞カードは大切に保管しておくようにしましょう。

人気のアーティストの作品なら、けっこう高値で買い取ってもらえるかもしれませんから。

転居や引越、持っていくべきか迷う所持品、いっそのこと売ってしまえば?

あなたは、転居や引越の際、「ちょっと新居に持っていくまでもないかな……」といったものを売ることを考えたことがありますか?

もう目を通さないであろう、本や漫画、雑誌などなど。

古紙回収に出したほうが手っ取り早いということはあるかもしれません。

他にも家電品。

DVDやCD。

衝動買いで買ってしまったんだけど、まったく使わない健康器具や美容器具。

ものによりますし、状態にもよりますが、もしかしたら、中には売れるものがあるかもしれません。

リサイクルショップに持っていってもいいだろうし、フリマアプリに出品するのもいいでしょう。

あるいは宅配買取や出張買取という方法もあります。

家電品やインテリアなども、売れる可能性はあります。

もしあなたが引越し先で新調をお考えなら、お金に換えるという方法も検討してもいいかもしれない。

あなたが考えている以上に、良い値がつくかもしれないから。

他にも食玩やおもちゃ、ゲームソフト、フィギュアといったホビーも、それがマニアのあいだで人気のあるものなら、高価買取の可能性大。

あなたにとって価値のない不用品でも、それを求める人にとっては喉から手が出るほど欲しいお宝であれば、あなたが売りに出すことで人に役立っているわけです。

しかもお金まで手に入るわけですから、これをやらないてはありません。

売るにあたって大切なことは状態です。

それがまだ使用可能なものかどうか。

美術工芸品ならまだしも、道具として使うものならそれがまだ機能するかどうかが大切。

当然、美品であるほど売れやすいでしょう。

使えるものは、現金になる可能性を秘めていると考えて、家にあるものを見渡してみると、売れるものが発見できるかもしれません。

今ではネットで宅配買取が流行っています。

「え?そんなものまで?」といったものも買取査定の対象になりますし、買い取れないものについてもオークションやフリマアプリを賢く利用しましょう。

捨てるなんてもったいないですからね。

毛色の変わった洗顔石鹸

乳飲み子

世間では実に様々な洗顔石鹸が販売されていますよね。
中にはとてもユニークな石けんがあります。

例えば酒造会社が作る、酒粕の入った石鹸…これは、某化粧品CMでも話題になった、「毎日麹に触れている杜氏の手はつるつるすべすべ」というイメージからも肌に良さそうに思えますね。

ほかにも、酒粕には保湿成分がたっぷりと含まれていますから、しっとりとした洗い上がりの石鹸をお探しの場合、候補の1つとして覚えておきたいところ。

他には大豆を使った石鹸。これは保湿や美白の効果が期待出来るイソフラボンという成分が含まれているので、女性には嬉しい石鹸。
「お豆腐石鹸」や「豆乳石鹸」など、ネーミングもクリーミィで泡立ちが良さそうな響きがやはり女性に好まれそうです。

同じく口にする食べ物を原料に使った石鹸には「お茶」を使った石鹸や、「はちみつ」「こんにゃく」「ハーブ」などを使った石鹸があります。
それぞれに上手く特徴や成分を取り入れた石鹸になっていますが、食べ物を原料に扱っている以上、食物アレルギーのある方は充分な注意が必要です。

他にも「海泥」や「火山灰」などを使ったユニークな石鹸もあるようです。
皮脂汚れや毛穴汚れをしっかり落とすにうってつけの成分と言えますね。

また、石鹸と一口に言っても色や形も実に様々です。
固形タイプの石鹸が基本ですが、パウダータイプやクリームタイプ、泡で出て来るタイプもあるので、自分が「洗いやすい」と思うタイプの石鹸を選ぶことが大切。

手作り石鹸

「石鹸は大手企業が製造販売している物を使っている」という人が多いですが、手作り石鹸も注目されています。

最近では個人で手作り石鹸のショップを運営されている方も多く、非常に人気の高い石鹸もあるようです。

最初にしっかりと得るべき知識を得た上で、安全に配慮しながら行えば、楽しく自分の思うままの石鹸を作ることが出来るでしょう。
毛色の変わったどころか、オンリーワンの石鹸も生み出すことができるわけですから。

手作りのメリットは何と言っても安心安全で自分の好みや用途に合った石鹸が作れるということ。
添加物を一切入れず、幼いわが子にも使う事の出来る石鹸だって作れます。

保湿成分をたっぷりと使ったり、大好きなハーブを香り付けに使ってみたり…。
綺麗にラッピングをして手作り石鹸のプレゼント…なんていうのもとてもお洒落ですね。

安価で思う通りの物が作れる…これが手作り石鹸の最大の魅力かも知れません。

面倒くさいイベントがあるときは臨時収入発生のチャンス

要らないものを処分することで、どんどんお金に換えていく。
これもひとつの合理的な生き方です。

ところで要らないものを処分するときって、どういう時でしょうか。
とくに換金しやすいものが出てくるときですね。

おそらくこの3つではないでしょうか。

  1. 新しいものを買い換えるとき
  2. 大掃除
  3. 引越し

【1】新しいものを買い換えるとき
電化製品やインテリア、その他こまごまとしたものまで、新品を購入することはよくあります。

現在使用しているものが壊れて使えなくなったから買い換えるわけではありません。
人間、そんな単純ではない。
ただ新品が欲しくなったから買い換えるということは多いですよね。

あるいは新機能や従来品にはない工夫が凝らされている。
そういう理由で買い替えがあってもいいと思うんです。

新しいものを購入したら、当然、古いものは要らなくなるでしょう。
そのまま捨てるという手もありますが、業者に引き取ってもらうことで、上手くすればお金に換わるわけですよ。

何が売れるかわかったものではないので、普段から、「売り物になるかも」という意識を持って大切に取り扱いたいものです。

【2】大掃除
家の中をひっくり返すような大掃除をするとしたら、やっぱり年末でしょうか。

いろんなものがポロポロと出てくる。
「なんでこんなものを大切に取っておいたのだろう」というものまで出てきます。

雑誌やおもちゃ、DVD、CDというのは、お金に換わりやすいもの。
ふだんめったに出さないのでほこりがかぶっていたりする。

わたしは、過去半年以上、使わなかったものは、大掃除のときに思い切って処分することにしている。
この場合の処分というのは、買取業者に引き取ってもらうということだ。
売れるときに売ったほうがお金になるので、そこはためらうことなく売りに出す。

そして普段から心がけたいことは、使わなくなったものは同じ種類別に分類していくことだ。
そうすれば、次回の大掃除の際、作業がスムーズになるので。

【3】引越し
あなたは引越しの経験ありますか?

人によっては数年に一度は引越しということもあるかもしれません。

引越しをするときはなぜか要らないものがたくさん出てくるものです。
新居に持っていくほどのものではない。
面倒だから、新しく買い直せばいいい。
ということはよくあること。

とくに物置にしまっていたモノは、売却したらお金に換わるものもあります。
全部まとめて引き取ってもらったら、お金がかかるどころか、逆に臨時収入になることも。
なんだったら引越し費用の足しにすることだってできるでしょう。

私の場合、不用品が出たら、「捨てる」より「売る」という言葉が先に意識化されます。
なぜなら、捨てるといったって、ただでは捨てることができないこともある。

処分にお金がかからないようにしたいもの。

だから普段からものを使うときは、「これは一時的にうちに置いているだけ」という意識が大切だと思っているんです。

大掃除や引越しなど、面倒くさいことが起こったら、臨時収入発生のチャンスと捉えたらちょっと嬉しくなりませんか?

かつては牛乳のキャップがお宝だった

小さい頃大切にしていた「お宝」ってなんだろう。

私の場合、まず思い浮かべたのは牛乳のキャップだった。

とにかく牛乳キャップを集めるのが好きで、そのコレクションを眺めては悦に入っていた。

でも同学年の友達は知人は、別のものに関心があったようだ。

ビックリマンシール
キン肉マン消しゴム
ミニ四駆
ファミコンカセット

いろいろあった。

でもこういうホビーというのは、今もレアなものだと高値で取引されているんだろうな。

おそらく人それぞれの「お宝」ってあるだろう。
どんな珍品でもお宝というからには、市場価値というより、所持している人の思い入れが大きいだろう。

人によっては何の値打ちもないほとんどゴミ同然のものでも、当人にとっては心を温めてくれるものだからだ。

たとえ、石ころだって、ぼろぼろになったぬいぐるみだって、「お宝」にはなりえる。
それはお金には替えられないから。

もちろん「お宝」の中には、換金が期待できるものもあるだろう。
たとえば、趣味で集めていた切手や古銭、あるいはフィギュアやレコード、いろいろある。

手放す気はさらさらないが、もしお金にかわるならどれくらいの価値があるか知りたいのは人情だろう。
もし今後困窮することがあったら、背に腹は代えられないということで手放すこともあるかもしれない。

そういう場合は、自分の資産価値をあらかじめ知っておきたいものだ。
もし自分の所持しているコレクションが、コレクターのあいだで、高値で取引されているものなら、やっぱり嬉しいもの。

ところで、私の場合、現在、コレクションと言えるものは何も持っていない。
ろくでもない牛乳カップなんてとっくの昔に捨ててしまった。

でももしかたら、家の中を探してみたら、お宝が眠っているかもしれない。
なんせ、最近は、何でも買ってくれる業者もいるそうだ。

下手に捨てようと思ったら、お金もかかってしまうご時世だ。
そういうサービスはありがたい。

欲しい人が多いけど、ものが少ないという商品があれば、高く売れるチャンスだ。
家の中の掃除をかねて、宝を発掘するというもの面白い。